あれ?もしかして私も…?

以前勤めていた職場でのことです。私の机の前には、ベテランの事務員さんが座っていたのですが、その方は40代とは思えぬとても綺麗な方でした。毎日髪も綺麗に巻いて女性らしい所作、憧れでした。ある日、パソコンでわからないことがあったので、その方に聞くと私の机のところに来て丁寧に教えて下さいました。その時です!その方から加齢臭を感じたのは…。今までは机越しでのやり取りでそこまで接近することがなくてわからなかったのですが、息がかかるほど近くにきて初めてわかりました。あのなんとも言えない香り。正直、こんな綺麗な人も加齢臭になるの!?という驚きと臭いで、せっかく教えてくれているというのに頭の中は軽いパニック状態でした。

しかし、臭いの問題というのはデリケートで、しかも相手は女性ならなおさら伝えるのを遠慮してしまいます。その後、結婚し県外に引っ越しをしたので、結局伝えれず仕舞いでした。そして、第2に私に加齢臭の衝撃をもたらしたのは一番近くにいる人物。そう、夫です

。付き合っている時は全く気がつかなかったのに結婚してしばらくたったある日、ふとした瞬間に、あれ…この臭いって…となりました。しかし、言えない。夫婦でも言えないです。ですが、先程も言った通り、臭いとはデリケートです。好きな相手ならそれもまた愛しさに代わるかもしれませんが第三者は違います。ほかの人の臭いというのは、すごく不快に感じてしまうのです。なので対処はすべきだ、そう決意しました。まずは臭いの原因を探りました。

当初は臭わなかったのに何故、最近、臭いがキツくなってきたのか。そこで、可能性として思い至ったのはシャンプー、ボディソープの変更です。主人は今まで男性用のを使っていたのですが、肌が弱く荒れていたので、敏感肌用の洗浄力の弱いのに変更し、そちらを使うようになりました。それにより、老廃物がたまり加齢臭が漂ってしまったのではと考えました。戻せばいいのかとも思いましたが、肌にはよくないし…と悩み色々調べたところ加齢臭の臭いは耳の後ろから臭いやすいという一文を発見!

さっそく主人の耳の後ろを嗅いでみたところ…たしかにこの臭いです!耳の後ろから一番臭いが出ていました。主人にその話をし、毎日念入りに洗うように促しました。もちろんその時も加齢臭だとは伝えず予防の為にと言いました。そこで気になってくるのは自分の加齢臭。主人に聞いたところ臭わないとの返事は貰いましたが、臭いはデリケートな問題。私を傷つけないようにしてくれている可能性も多いあるので私も主人に習って耳の後ろを念入りに洗うようになりました。最近、主人の加齢臭も臭わなくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です